ニュースに戻る

【展示会】名古屋機械要素技術展に出展

想定通り生産を続けられるか
最小限の維持費で運営できるか

 

※本展示会は2018年4月13日(金)に終了いたしました。多くの方々にお会いでき、お礼申し上げます。

 

私たちノルトロックジャパンは、2018年4月11日(水)~13日(金)までポートメッセなごやで

開催される [名古屋]機械要素技術展に出展いたします。

メーカー各社では昨今「スマートファクトリー化」によるIoTやAIの活用が徐々に浸透し、生産管理

やメンテナンスの最適化が図られ現場環境は大きく変わりつつあります。しかし当初の想定通りの

効率をもってプラントを運営するためには「想定外の」ストップをゼロにする必要があります。

同時に「想定外の」ストップはボルト締結の不具合に起因するケースもあることから、私たちは

  • 想定外のストップによる生産部門の機会損失削減
  • 設備機器メンテナンスによるダウンタイムの最小化
  • 生産設備・製品両方の維持費(メンテナンスコスト)最小化

 

をボルト締結の観点からお手伝いいたします。

 

■ [名古屋]機械要素技術展2018 出展概要
◇開催日程:2018年4月11日(水)~13日(金)
◇開催時間:10:00~17:00
◇入  場:事前申込にて無料(事前申込はこちらから)※展示会公式サイトへ
◇開催場所:ポートメッセなごや(MAP
◇小間番号:第3展示館 1-86
◇展示製品:下記

  • ノルトロックワッシャー:物理的にボルトの緩みを許さない、唯一の摩擦に依存しない緩み止め
  • Xシリーズワッシャー:回転緩み・非回転緩みの双方を単一の製品で防止できる唯一の製品
  • スーパーボルト:M100を超える大径ボルトもトルクレンチ1本で締結できる機械式テンショナー
  • スーパーボルト EzFit:スーパーボルトの特徴を備えたカップリングボルト。タービンシャフト等の大型カップリングでボルト穴を保護し、ボルト折損事故リスクを撲滅
  • ボルタイト:従来の油圧式ボルトテンショナーの課題を克服した「進化形」テンショナー
  • エクスパンダー:設備機器可動部のピン穴に起こる摩耗を完全防止する革新的ピン製品

 

 

皆さまのご来場を社員一同心よりお待ち申し上げております。

株式会社ノルトロックジャパン