ノルトロックグループについて

会社概要/アクセス

1982年、ノルトロックグループは、スウェーデンのマットマーという町で摩擦に依存しない緩み止め技術「ウェッジロッキング機構」を開発したことでスタートしました。現在市場に存在する緩み防止製品のほぼ全てが摩擦を利用するものであるのに対し、ノルトロックが開発したウェッジロッキング機構は、摩擦に頼らず軸力そのものでセルフロックをかけるという点で、今日においても革新的な技術であり続けています。

そのメリットとして最も大きな点は、ボルト締結に潤滑油を使用できる点です。また同様に、油分が付着する環境でも緩み止め性能を損なうことなく使用することができます。ボルト締結は潤滑油を使用することでボルトそのものの寿命を延ばすことができるだけでなく、摩擦係数のバラつきに起因する締結軸力のバラつきを最小限に抑え、ボルト締結体を正確な締付力(軸力)で固定することが可能となるのです。

世界中からその技術が求められるノルトロックグループは、ヨーロッパを中心にアジア・アメリカ各国に支社を持ち、支社を設けていない国と地域にもパートナー企業の協力を得て、グローバルに展開しています。また、ノルトロックグループは、ストックホルム証券取引所の上場企業である Investment AB Latourの傘下にあるグループであり、同グループは工業系のソリューションを中心に数多くの製品を全世界に提供しています。

ノルトロックグループは、2011年にアメリカの Superbolt Inc 社とスイスのP&S社(現在はNord-Lock AG)を、2015年にはイギリスのBoltight社を、2016年にはExpanderグループを傘下に迎え、ますます先進的かつ安全・確実なボルト締結技術を提供できるようソリューション領域を拡大しています。弊社は今後も、これら最新鋭の締結技術と製品ラインナップのシナジーにより、お客様に更なる安全性・確実性と、ライフサイクルコスト削減のご提案に尽力いたします。

 


会社概要

JP_new-office_banner2

社名 株式会社ノルトロックジャパン
代表者名 代表取締役社長 宮下 進次
設立 1982年 4月
資本金 10,000,000円
大阪オフィス 大阪府箕面市彩都粟生南1-18-35
東京オフィス 東京都品川区南大井3-22-7-2F

 

■大阪本社MAP (Google Mapsで見る

■東京オフィスMAP (Google Mapsで見る


Nord-Lock International A.B.

Mattmar

 本部  Nord-Lock Group
 所在地  スウェーデン マルメ
 FY2016 年商  €98,000,000(およそ118億円)
 拠点数  世界25ヶ国
営業国数 世界65ヶ国
テクニカルセンター 世界6箇所(日本を含む)
 従業員数  約500名