BOLTED

完璧なボルト締結を目指す

D2FC社は、ノルトロックを使うことで、 費用も時間も節約に成功

16 9月 2013
comment

テキスト: Christina Mackenzie

写真: D2FC

水力発電所用の超高圧制御バルブメーカーであるフランス企業、D2FC社は、ノルトロックワッシャーの使用を決めました。

First published in Bolted #2 2013.

D2FC社のテクニカル・マネージャー、ベルナール・ダングローさんは、「ノルトロック社とは、当社がスーパーボルトのマルチジャックボルト・テンショナーを使い始めたときからのお付き合いです。その後、ノルトロックワッシャーの存在を知り、ボルト組立の安全確保におけるその能力の高さ、特に振動を受ける場合の能力の高さを認識するに至りました」と話します。

ダングローさんはまた、ノルトロックワッシャーによって、「当社は、二重偏心ボールバルブ上への弁座の固定において、真の成長を遂げることができました。こうしたシャッターは水中に配置されるため、振動します。その動きを防止するために、以前は、小さな板にはんだ付けした六角ワッシャーを使用して、ボルトの緩みを止めていました。しかし、これは費用のかかるソリューションで、保守作業中の問題も引き起こしたため、このワッシャーは、望ましいことに、簡単に使用できるノルトロックワッシャーに交換されました」と付け加えます。

D2FC社によるノルトロック製品の導入は、同社がスーパーボルトのテンショナーを使い始めたわずか2年前のことです。「さまざまな基準に基づいて選びましたが、その中でも、コスト効率は重要でした。スーパーボルトのテンショナーに特殊な工具は不要であるため、ボルト同士を互いにかなり近い場所に配置することで、ボルト留めされた部品のサイズを小さくすることできました」と、ダングローさんは説明します。つまり、例えば、機械のシャフトの直径が小さくなった結果、抵抗トルクとアクチュエーターも小さくなることになりました。ダングローさんの指す特殊な工具とは、油圧式テンショナーのことです。油圧式テンショナーを使用する場合、ボルト周辺にスペースが必要となり、ボルト自体も、ある程度のサイズが必要となります。

スーパーボルトのテンショナーの使用に特殊工具は不要であるため、作業員の時間はかなり短縮できます。ダングローさんは、こうしたテンショナーを、「機械的な補助なしで」手動で扱うことができ、「単純なダイナモメトリックレンチを使うだけで、締め付けることができる」と言います。他にも、「油圧式ジャッキを使用する必要がある、ということは、作業員が操作する際に支援が必要となり、締付作業の速度が著しく低下することを意味します」とダングローさんは話します。

また、スーパーボルトのテンショナーを締め付けるのに、通常のボルトと違って、所要の軸力以上の力をかける必要はない、と別の理由についてもダングローさんが言及します。油圧式ジャッキでスタッドを留める場合、油圧式ジャッキでの締結直後、なじみが発生し軸力が低下してしまいます。この公称値より最大で40%大きい軸力を掛ける必要があります。「これは主に、ボルトで留められた被締結部品が圧縮されるからです」とダングローさんは説明します。さらに、最初の締付作業を行うために、この40%増しのテンションを出さなければならず、そのせいでスタッドを本当に必要なサイズより大きくしなければならないことがあると付け加えます。

スーパーボルトのテンショナーとノルトロックワッシャーを組み合わせることで、D2FC社の製品を、完璧に調整された非常に信頼性の高いものとすることが可能になります。「バルブの最適化と限られた保守のおかげで、費用と時間の節約を生み出し、当社製品をさらに競争力のあるものへとしてくれるのです」

実際、D2FC社は、電気業界大手、EDFに選ばれ、アルプスの高い場所に位置するフランスのランドマーク的存在の水力発電複合施設を最新化するために、主要ハードウェアのいくつかを供給することになりました。60年以上前から稼働し、3つのダムと7つの発電所を擁するティーニュ・マルゴヴェール水力発電複合施設を改築・刷新する3年計画の作業は、2013年3月に始まりました。EDFは、2015年までの10年間で、フランスにある自社の435もの水力発電所を最適化・最新化するために、ほぼ10億ユーロを投じることになります。 
クリスティーナ・マッケンジー

* All fields required. Email won't be shown.