さようなら、可動部のガタつき。

ピン穴の摩耗そのものを撲滅し、すべての機器をブッシュ交換や肉盛補修から解放

そのユンボのガタつきも、ブルドーザーやダンプ、ホイールローダーのガタつきも、

バケットやグラップル、油圧グラブ等のアタッチメントの可動部に発生するガタつきも、

そして工場内の天井クレーンや、空港・港湾設備、風力タービンにも。

スウェーデン生まれのエクスパンダー・システムは、あらゆる設備機器の可動部で使用できる

オールラウンドなピン。独自の機構で可動部の摩耗そのものを完全に解決し、半ば消耗品扱い

となっているブッシュの交換を不要にし、楕円状のピン穴変形も発生しなくなります。

 

ブッシュ交換が無くなれば消耗品が減り、維持費をその分削減できます。そしてサービスに

依頼して高額な見積を受け取ることになる楕円状の変形がなくなれば、ブッシュ交換以上に

コストメリットが感じられますね。しかし最も大きなコスト削減は、その補修のために機器

が使用できない期間、いわゆる「ダウンタイム」による機会損失です。

 

自分でその場で簡単に

マシンのユーザー様であれば、エクスパンダー・システムはサービスに依頼する必要はなく

誰でも簡単にその場で取付・取外しができるため、地方や海外、山間部や沿岸部、離島等の

アクセスの悪い地域でガタつきがどうにもならなくなった時、特にそのメリットが感じられ

ます。

また、機器のアフターサービスやディーラーの皆さまには、ユンボのブーム根元のように

バラすのに大変な労力を要する可動部でも、エクスパンダーを取り付ければ少なくとも摩耗

への対応で負荷の大きな作業を行わずに済みます。建機等のレンタル事業者様には上記に

加えて、摩耗を防ぐことによる建機自身の製品寿命の向上という大きなメリットもあります。

 

50,000時間連続運転でも問題なし

一般的なピンで焦点となるピン自身の強度(折れたり曲がったりしないのか)に関しても、

エクスパンダーはスウェーデンのボルボ建機社によって実施された50,000時間(約6年間)

連続の実地耐久試験で一度も不具合を起こすことなく、ストップすることなく動作しており、

その耐久性が実証されて同社の建機に新車時から幅広く採用されています。本製品はどんな

建機でも、そして建機ではなくても、あらゆる機器のあらゆる可動部にサイズを問わず対応

します。

例えば船舶や可動橋、洋上施設の巨大なクレーン等に用いられる大径のピンであったり、特殊

な材料が必要な製鉄所等の高温環境下であっても、柔軟にカスタム対応を行い対応します。

例えカスタム品であっても、製品設計には1週間、1ヵ月以内に納品します。もちろん標準

レンジの製品であれば納期はもっと短く、最短1週間あればお客様のエクスパンダーはお手元に

届いている状態となります。

 

 

■エクスパンダー・システム製品紹介動画

 

エクスパンダー・システムご検討のお客様

 

エクスパンダー・システムの製品カタログやお見積に必要な問合せフォームは下記よりダウン

ロードいただけます。可動部のピンは機器のモデルや各部で全て異なるため、お見積には採寸

を行っていただく必要がありますが、その採寸作業も誰でも簡単に行える採寸ガイドをご用意

しています。

 

エクスパンダー・システム製品カタログ

 

 

■ノルトロックジャパンへのお問合せは、下記にて承ります。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【採用事例】風力タービン(エクスパンダー)

    夢のソリューション ※本記事は、BOLTEDマガジン2018年第1号にて掲載されたものです。   遡ること約2年前。アメリカのオールエナジー・マネジメント(AEM)社は人材育成会社を設立 し、技術者の育成に大々的に取り組み始めた。目的はイギリス、アメリカ、カナダ、そしてイタリア の4ヵ国で1,000基もの風力タービンにメンテナンスサービスを提供するためだ。同社がそのメンテ ナンスに着手した時、風車のブレードとローターの継ぎ目に挿し入れられたピンとローター側の ピン穴双方が、稼働開始から間もないタイミングであるにも関わらず摩耗しているのが見つかった。 当然補修作業が必要になるが、建設前の組立作業であれば肉盛溶接で摩耗部を補完後、ドリル等で ピンの穴径と合うよう調整する穴加工を行うことも可能だが、風車のタワー上でそれを行うことは ブレードの重量や作業スペースを考えても、到底不可能だった。唯一考え得る手段は、ピンと ローター自体を交換してしまうことだったが、およそ10日間の作業と15,000ドル(約165万円) ものコストが必要だったのだ。   そうしたタイミングでAEM社は、あらゆる可動部の摩耗を解決するというエクスパンダーに出会う。 作業日数を短縮し、摩耗の再発を防ぎ、安全に作業が行え、尚且つ劇的にコストを削減する。 そんな、ある意味では夢のようなソリューションを求め、同社はエクスパンダーと協議を開始した。 結果、エクスパンダーはローター側の穴の摩耗度に合わせ、どの穴にも完全にフィットするよう エクスパンダーのピンとオーバーサイズの拡張スリーブを3種ずつのセットにして提供。部品点数が 減れば、作業はよりシンプルに、短時間で終えられるが、エクスパンダー・システムはそれに (…)

  • 【コラム】代理店視点から見たエクスパンダー

    デンマークの企業ヴィゴ・ベンツ社は先日リサイクル業大手、ステナ・リサイクリング社に対し、同社製グラブバケット用にエクスパンダー・システムの提供を開始。 小規模な事業者でも大きな利益を手にし得る画期的なシステムだ。