建機・重機アーム部に半永久的に使えるピボットピンを

建機・重機等のアームヒンジ部のピボット劣化に起因するヒンジの摩耗や割れは、かなりのコスト・時間・労力を食う大きな問題でした。しかも機器の使用期間中ずっと、この問題と付き合わなくてはならなかったのです。

 

エクスパンダー・システムは、半永久的に使用できる費用対効果の高い画期的なピボットピン・システムです。エクスパンダー・システムが取り付けられた建機・重機は溶接や穴繰り作業を行う必要がなく、組み立て状態のまま直接メンテナンスが行えます。

エクスパンダー・システムは50,000時間以上の実地検証試験で、ピボットピンとして一度も不具合を起こすことなく動作しており、各製品ごとに用途別試験を行い、それぞれ認可を受けています。本製品はあらゆる種類のピボット使用箇所にサイズ・用途を問わず対応でき、10,000型以上の機器に対応する合計60,000種超のエクスパンダー・システムがこれまでに開発されています。例え一般的なサイズに収まらない大型のピボットピンであったり特殊な仕様が求められるものであっても、蓄積された知見を基に最適な製品を開発・製造し、ご提供することが可能です。

sample-pin

expander_request-info_button_jp-600x200

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【採用事例】ボスカリス社(オランダ)

    ロイヤル・ボスカリス・ウエストミンスター社は、80年を超える歴史を持った 世界トップクラスの海洋土木・港湾施設建築工事業者です。安全性と持続可能性を最重要課題に 掲げる同社は、様々な海洋環境工事を成功させて来ました。特に同社が誇る一大船団とも言える 浚渫船の数々は圧巻の一言です。また、過酷な海洋環境工事は、保守保全作業も含めて現場への アクセスが非常に困難であるため、いかに効率良く、トラブルを未然に防止するかが成否の 分岐点となります。   ボスカリス社の過酷な海洋工事で主力となる、同社最大級のバックホー型浚渫船「バルデュール」 では、ノルトロックグループの「エクスパンダー・システム」の拡張ピボットピンが採用されて いました。エクスパンダーの製品は海洋工事のような過酷な環境下でも確実に機能することを 前提に開発されています。エクスパンダー・システムの拡張ピボットピンをヒンジ部に使用 することで、摩耗や割れを未然に防ぎ、メンテナンスのコストと労力を大きく削減できること にいち早く気付いた同社は、すぐにエクスパンダーの実地試験に着手しました。   ディッパーとブームの連結部に組み込まれたエクスパンダー・システムのピボットピンは、 エクスパンダーが設計・製造した製品の中で、過去最大のものとなりました。直径320mm× 全長2230mm、重量がなんと1.5トンにも及んだこの途轍もないピボットピンは、エクスパンション 機構の要となるテーパー付スリーブ単体だけで95kgの重量があったのです。   結果、エクスパンダー・システムのピボットピンを取り付けたヒンジ部には、取付部のメンテ (…)

  • volvo-testing-expander_368x213

    エクスパンダーが50,000時間の実地耐久試験をクリア

    エクスパンダー・システムは、ボルボ社製 BM4300ホイールローダー4台の ステアリングシリンダーに取り付けられ、スウェーデン国内でなんと6年間に及ぶ 実地耐久試験を受けていました。   これら4台のホイールローダーは、スウェーデンのLECA社によって6年間、365日24時間 体制で稼働を続けました。軽量で高い断熱性能をもったレンガブロックの材料となる球状の 軽量土を製造するため、高温の窯に泥土を投入し続けるという作業です。 このテストで記録した目を見張るほどの成果により、ボルボ建機社はエクスパンダー・システムの 最大口顧客の1社となりました。   エクスパンダー・システムの製品情報は、こちらからご覧いただけます。 ≫エクスパンダー・システム製品ページへ     BOLTEDクイズ(BOLTEDジャーナル #.003)解答   Q:ノルトロックグループに新しく加わった、摩耗と無縁の半永久的に使える建機・重機向け ピボットピン「エクスパンダー・システム」。本国スウェーデンではボルボ社製のホイールローダーに (…)