プレス機

世界中の生産活動にとって、様々な形に成型できるプレスは重要である。あらゆる産業を支えるために、ボルトジョイントにしっかりと注目する必要がある。

鍛造部品、成型品、型材-大型のプレス機は毎日、これらの部品を素早く、しっかりと産み出しています。プレス機の設計が大規模になるに従って、ボルトジョイントにも非常に過酷な条件が要求されます。多くの場合、今日の市場において有効な方法はたった一つ、スーパーボルト・マルチジャックボルト・テンショナー(MJT)だけです。

プレス機は様々な構成で使われ、フライホイールを使う場合も有ります。しかし、最もよく使われるのは、長年使われて実績のある油圧プレスで、ほとんどのプレス機に用いられています。様々な油圧プレス機がありますが、一般的には、4本あるいはそれ以上のネジ山のついた支柱やタイロッドを持っています。プレス機の種類はいろいろありますが、大きな荷重が発生し、これを支柱だけで支える事になります。機械の端部にある支柱のナットは、油圧ナットや加熱法など、いろいろな方向での締結が試されています。プレスに必要なトン数が増えるにつれ、掛かる負荷は大きくなり、支柱も大きくなります。スーパーボルトMJTは、どんなサイズ、どんな大きさの支柱やタイロッドでも通常の手工具で締めることができ、MJTを使ったときにかかる費用は大きく抑える事ができます。スーパーボルトMJTは40インチ(約1000mm)のサイズまでの支柱(5万トンプレス)に対応しています。

様々なプレス機にスーパーボルトMJTが使われるようになっており、鋳造、形成、型材、射出形成、押し出し形成や、ベニヤ板、パルプ、ゴム製品等の産業、あるいは業務用のランドリーなどの設備にも使われています。プレス機は今後も使われ続けますが、ノルトロックグループはどんな要求にも応えられる安全で信頼性の高い製品をそろえています。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【コラム】代理店視点から見たエクスパンダー

    デンマークの企業ヴィゴ・ベンツ社は先日リサイクル業大手、ステナ・リサイクリング社に対し、同社製グラブバケット用にエクスパンダー・システムの提供を開始。 小規模な事業者でも大きな利益を手にし得る画期的なシステムだ。

  • 【国内事例】プレス機のタイロッド:コアテック様

    顧客の想いに応えるために ―コアテック株式会社 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   【課題】 コアテック株式会社は、省力化機械・設備メーカーとして顧客ニーズに沿った自動化機器を設計・ 開発し自社で一貫生産する企業です。様々な工程の自動化を実現する同社製品ですが、プレス機等の 荷重を支える部分には一つの課題がありました。タイロッドの締結です。従来は、プレスの衝撃と 荷重に絶え間なく晒されるタイロッドの締結にダブルナットで対応していましたが、ダブルナット では作業者によって効果にバラつきが生じます。ましてプレス機のタイロッドのような大きなサイズ になると、ナットを締め込むこと自体が大変な作業で、時間を費やしていました。納入後の品質 保証・メンテナンスを考慮すると、これは解決すべき問題でした。   【ソリューション】 コアテック株式会社は、ノルトロックワッシャを期にスーパーボルトに辿り着きました。そのマルチ ジャックボルトテンショニング技術自体とタイロッド締結の国内外豊富な実績に、十分な性能をもつ ことを確認しスーパーボルトの採用に踏み切りました。その背景には、ノルトロック営業技術員の 丁寧なサポートがありました。顧客製品の品質を向上させたいという熱意に、同じ想いをもつ コアテック株式会社が共鳴したのです。   (…)