機械装置

特注品であれ規格品であれ、手頃で柔軟に、その必要な機能を満足できなければならない

機械装置は、何をするにしても欠かすことができないものであり、産業革命以降、非常におおきな性能と可能性を持って作られてきました。一方、世界中のどんなに大きく高性能な機械でも、その性能は小さなボルトジョイントがしっかり締まっている事で初めて発揮できるのです。これがひとたび緩むようなことがあると、その機械はたちまちに動かなくなってしまいます。

機械の性能が進歩するにつれ、ボルトジョイントに対する要求はたかまり、高い締結力が必要とされます。ノルトロックグループでは、あらゆる要求にいつでも対応できるよう、幅広い緩み止めの製品を取りそろえています。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【コラム】代理店視点から見たエクスパンダー

    デンマークの企業ヴィゴ・ベンツ社は先日リサイクル業大手、ステナ・リサイクリング社に対し、同社製グラブバケット用にエクスパンダー・システムの提供を開始。 小規模な事業者でも大きな利益を手にし得る画期的なシステムだ。

  • 【国内事例】回転機械ケーシング:荏原エリオット様

    温故知新 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   株式会社荏原エリオットが属するエリオットグループは、株式会社荏原製作所を親会社とするターボ 機械メーカーで、世界中の企業から設計・製造・サービスのパートナーとして選ばれています。 エリオットグループのターボ機械は、オイル&ガス、石油精製、石油化学、製鉄所、発電所等、回転 機械を必要とするありとあらゆる分野に使用されており、エリオットグループが1世紀以上もの間 蓄積したノウハウに加え、クラウド上に3Dモデルを作成し設計作業を分担できるPLM等の最新技術 の導入により、精緻で迅速な設計・製造対応を行っていることでも注目を集めています。そして スーパーボルトのマルチジャックボルトテンショニング技術も、同社が既に採用している先端技術の 1つであり、コンプレッサや蒸気タービンのケーシングの締結に使用されています。   コンプレッサや蒸気タービンを外界と隔てるケーシングは、何本もの大径ボルトで大きな軸力を発生 させ、確実な締結を行う必要があります。同社の蒸気タービンでは従来、ボルトを加熱して膨張させ た後に締め付けを行い、冷却して収縮させることで軸力を得るヒーティングを採用しています。 対してスーパーボルトには、人間の力では締め付けられない大径ボルトでも、トルクレンチ1本で 締結できるという大きなメリットがあります。作業に危険がなく準備も不要で、狭いスペースや高所 でも1人で難なく締結できます。 実際にスーパーボルトを使用してどのような感触が得られているか、同社エンジニアリング統括 タービン設計部主任である眞鍋雅英氏と、コンプレッサ設計部主任である高野克之氏にお話を伺う (…)