製造・加工業

生産性の最大化と故障停滞の最小化

普段口にする食べ物や身につける衣類から、様々な交通手段やあらゆる建物に至るまで、我々の身の回りには、多くの製造・加工品が使われています。世界中のあらゆる工場や倉庫で、様々な材料や製品が生産、保管されており、そこには高性能な機械がどんどん導入されています。その速さと信頼性の鍵となるのは自動化であり、これによってコストの削減と収益性の向上がもたらされます。そのため、不具合を徹底的に排除するために、非常に細かい部分まで計画がつくられます。

製造・加工業の装置に重要なことの一つとして、安定した動きが挙げられます。ラインでひとたび不具合や故障が発生すると、ラインの停止による損害は分単位で膨らんでしまいます。すなわち、ボルトジョイントがすり減ったり緩むことが大きな損害を招く事になりかねません。使用環境や必要な性能にかかわらず、締結部はすべてしっかりと固定されていなければならないが、そのためにはしっかりと定期的なメンテナンスをする必要があります。

今日、ノルトロックグループの製品は、世界中の製造・加工業の設備のあらゆる箇所に使われています。そして、どんなに厳しい環境においてもボルトジョイントをしっかりと固定する性能に優れており、それによってメンテナンスや修理の負担を削減し、ライフサイクルコストを低く抑えられる商品だと、多くのお客様から喜ばれています。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • solution

    スーパーボルトで射出成形機の問題を解決

    株式会社ソディックは、産業機械や工作機械、自社製品の消耗品などの製品を製造する、日本を代表するメーカーです。同社は、独自の研究開発を大切にして高品質な製品を提供することで、顧客のものづくりを支えることに尽力しています。

  • IMG_3730

    極端な温度差と高圧

    エチロンとプロピレンは一般的に知られている物質ではありませんが、実際はグローバルの石油化学業界で最も重要な材料のひとつです。どちらの材料もプラスチックの世界で最も一般的でありポリエチレンの生産に使用され、非常に需要も大きいです。タイのラヨーンにあるSCG化学プラントは毎年何十万トンものエチロンおよびプロピレンを生産しており、その生産を確実に行えるかどうかは、ラヨーン・エンジニアリング&プラントサービス社(REPCO)次第です。