その他の産業

不具合が許されない箇所の締結はお任せ下さい

気にしている人は殆どいませんが、私たちの身の回りには、何百万本ものボルトジョイントであふれています。それは毎日直接目にするものや、実際にボルトの形をしたもの、あるいはボルトを用いた何かで作られた物だったりします。今、自分の周りを見回してみても、ボルトで締結している物はすぐ見つかるでしょう。

表面的には、接続部をつなげてしっかりと固定するためにボルトで締結しますが、ボルトによる締結は接続部を取り巻く様々な要素の影響を受けます。材質、状態、径、長さ、締結力、時間、容量、空間、周囲の環境など-これらの違いによって、締結部がしっかりと締まっていられるかどうかが変わってきます。重要部位とは、不具合の発生による影響が大きくなる締結部の事を指します。すべての物が締結部で固定されるので、重要部位が緩んでしますと、装置が故障したり、動かなくなったり、最悪の場合、人命に関わることになります。

30年以上にわたって、ノルトロックグループは幅広い分野の産業の多くのお客様のボルトジョイントの問題の解決方を作り出し、提供してきました。また、不具合が起こってはならない箇所のボルトジョイントをしっかりと締結してきました。ノルトロックの製品はあらゆる産業のボルトジョイントの問題を数え切れないほど解決し、またエキスパートの集団は絶えずお客様の要求に対する問題の解決をしてきました。どんなボルトジョイントの問題であっても、たいていの場合、ノルトロックはその解決策の準備ができています。すぐに解決できない場合でも、お客様と共に解決策を見つけていきます。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【国内事例】プレス機のタイロッド:コアテック様

    顧客の想いに応えるために ―コアテック株式会社 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   【課題】 コアテック株式会社は、省力化機械・設備メーカーとして顧客ニーズに沿った自動化機器を設計・ 開発し自社で一貫生産する企業です。様々な工程の自動化を実現する同社製品ですが、プレス機等の 荷重を支える部分には一つの課題がありました。タイロッドの締結です。従来は、プレスの衝撃と 荷重に絶え間なく晒されるタイロッドの締結にダブルナットで対応していましたが、ダブルナット では作業者によって効果にバラつきが生じます。ましてプレス機のタイロッドのような大きなサイズ になると、ナットを締め込むこと自体が大変な作業で、時間を費やしていました。納入後の品質 保証・メンテナンスを考慮すると、これは解決すべき問題でした。   【ソリューション】 コアテック株式会社は、ノルトロックワッシャを期にスーパーボルトに辿り着きました。そのマルチ ジャックボルトテンショニング技術自体とタイロッド締結の国内外豊富な実績に、十分な性能をもつ ことを確認しスーパーボルトの採用に踏み切りました。その背景には、ノルトロック営業技術員の 丁寧なサポートがありました。顧客製品の品質を向上させたいという熱意に、同じ想いをもつ コアテック株式会社が共鳴したのです。   (…)

  • 【国内事例】回転機械ケーシング:荏原エリオット様

    温故知新 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   株式会社荏原エリオットが属するエリオットグループは、株式会社荏原製作所を親会社とするターボ 機械メーカーで、世界中の企業から設計・製造・サービスのパートナーとして選ばれています。 エリオットグループのターボ機械は、オイル&ガス、石油精製、石油化学、製鉄所、発電所等、回転 機械を必要とするありとあらゆる分野に使用されており、エリオットグループが1世紀以上もの間 蓄積したノウハウに加え、クラウド上に3Dモデルを作成し設計作業を分担できるPLM等の最新技術 の導入により、精緻で迅速な設計・製造対応を行っていることでも注目を集めています。そして スーパーボルトのマルチジャックボルトテンショニング技術も、同社が既に採用している先端技術の 1つであり、コンプレッサや蒸気タービンのケーシングの締結に使用されています。   コンプレッサや蒸気タービンを外界と隔てるケーシングは、何本もの大径ボルトで大きな軸力を発生 させ、確実な締結を行う必要があります。同社の蒸気タービンでは従来、ボルトを加熱して膨張させ た後に締め付けを行い、冷却して収縮させることで軸力を得るヒーティングを採用しています。 対してスーパーボルトには、人間の力では締め付けられない大径ボルトでも、トルクレンチ1本で 締結できるという大きなメリットがあります。作業に危険がなく準備も不要で、狭いスペースや高所 でも1人で難なく締結できます。 実際にスーパーボルトを使用してどのような感触が得られているか、同社エンジニアリング統括 タービン設計部主任である眞鍋雅英氏と、コンプレッサ設計部主任である高野克之氏にお話を伺う (…)