石油・ガス

洋上400kmの沖合では、安全が最重要となる

石油採掘装置を初めて訪れた時、その環境に圧倒されました。ヘリコプターが到着すると、周りは見渡す限り海しかありませんでした。毎日のように大きな機械がたたきつける音を発し、耳がつんざかれます。強い風が吹くと体は吹き飛ばされるようで、至る所にディーゼルの臭いがします。

ヘルメット、耳栓、ゴーグルと安全靴は標準装備となっています。設備の主な役割である採掘作業は、作業員が重大な怪我を負う可能性のある、危険な環境です。たくさんの機械や油圧装置が動いていて、物を落とすことや故障の発生は、熟練作業員にとっても非常に危険な事です。

このような環境で作業しているので、安全は絶対的な最重要項目です。クレーンは重量物を吊ってデッキを横切り、ドリル、ポンプ、シェーカーは常に稼働しています。すべての物が100%信頼できる物で、絶えず稼働してなければなりません。そのペースは速く、ひとたび故障すると分単位でコストが掛かります。

ノルトロックの緩み止め製品はあらゆる装置に適しており、また安全で信頼性が高いだけでは無く、コスト面でも非常に優れています。何千ものノルトロックグループのお客様も、この事を実感して頂けています。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【採用事例】海底配管用緊急リペアクランプ

    ボルタイトの製品は、世界中のあらゆる産業・業界でそのシェアを伸ばしています。その良い例が、オフショア産業でのエンジニアリングサービスを提供するイギリスのサブシー・イノベーション社。25年に渡り、海底に構造物の建設を行う同社は先日、オーストラリアで数百万ポンド(数億円)規模の大規模案件の契約を締結しました。

  • 【国内事例】回転機械ケーシング:荏原エリオット様

    温故知新 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   株式会社荏原エリオットが属するエリオットグループは、株式会社荏原製作所を親会社とするターボ 機械メーカーで、世界中の企業から設計・製造・サービスのパートナーとして選ばれています。 エリオットグループのターボ機械は、オイル&ガス、石油精製、石油化学、製鉄所、発電所等、回転 機械を必要とするありとあらゆる分野に使用されており、エリオットグループが1世紀以上もの間 蓄積したノウハウに加え、クラウド上に3Dモデルを作成し設計作業を分担できるPLM等の最新技術 の導入により、精緻で迅速な設計・製造対応を行っていることでも注目を集めています。そして スーパーボルトのマルチジャックボルトテンショニング技術も、同社が既に採用している先端技術の 1つであり、コンプレッサや蒸気タービンのケーシングの締結に使用されています。   コンプレッサや蒸気タービンを外界と隔てるケーシングは、何本もの大径ボルトで大きな軸力を発生 させ、確実な締結を行う必要があります。同社の蒸気タービンでは従来、ボルトを加熱して膨張させ た後に締め付けを行い、冷却して収縮させることで軸力を得るヒーティングを採用しています。 対してスーパーボルトには、人間の力では締め付けられない大径ボルトでも、トルクレンチ1本で 締結できるという大きなメリットがあります。作業に危険がなく準備も不要で、狭いスペースや高所 でも1人で難なく締結できます。 実際にスーパーボルトを使用してどのような感触が得られているか、同社エンジニアリング統括 タービン設計部主任である眞鍋雅英氏と、コンプレッサ設計部主任である高野克之氏にお話を伺う (…)