鉄道

経済活動に定刻をもたらす締結

産業革命以降、鉄道は産業界を支え、共に発展してきました。その中で、鉄道界は蒸気機関車から時速300km(175マイル)を越える高速鉄道に進歩を遂げてきました。しかし、重要なことは変わっておらず、鉄道は常に信頼性を求められ、定刻で運用されなければなりません。鉄道設備や鉄道車両のどこかのボルトが緩むことで、コストが掛かり、車両の運用中であれば大事故に繋がることもあります。

何十万キロもの線路が様々なタイプの転轍機と共に地球上に張り巡らされており、そのボルトを一つ一つ点検して締め直す作業は、非常に時間が掛かる上に単調で退屈なものです。緩み止め製品が、どんな場所においてもしっかりと締結されているものを選ぶことは、非常に重要です。

鉄道車両と鉄道網が発達するにつれ、路線や部品に対する要求も高まります。時速300km以上で走る電車では、あらゆる部品が常に振動やひずみのためにガタつきます。ボルトの緩みを防ぐことは安全面で重要なことであり、ノルトロックの製品は新製時だけでなくメンテナンスの時にも使われます。転轍機、防音壁と言った一般的な場所だけでは無く、鉄道車両の台車、連結器やブレーキ装置等にも使われます。また、ノルトロックの製品は床下の機器の取付部にも使われます。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【鉄道事例】地下鉄軌道道床の特殊ボルト固定

    地下鉄インフラの改修工事を数週間以内の工期で、しかも遅延や振替輸送による 混乱を伴わずに行うなどということは、以前なら考えられないことでした。 その革命的なコンクリート用ボルトがニュルンベルクで開発されるまでは。

  • 【動画】命を預かる仕事 ―アイルランド鉄道より

    アイルランドの国鉄であるアイルランド鉄道では「安全」がすべて。 軸箱を締結するボルトが振動によって緩みを起こしているのを発見した時、長年ワイヤーロックで ボルトを固定していた彼らは、輪軸で使用する全てのワイヤーロックを撤廃し、ノルトロック ワッシャーを全面採用することを決めました。   アイルランド鉄道の保守で車輪・車軸を担当するコナー・ドイル氏は本動画の中で、 「ノルトロックを採用してから、ボルトが緩んだことはない。精神的にも安心できるよ」 とノルトロックについて思うところを語ってくれています。初めてノルトロックワッシャーを採用 してから2年の時が過ぎ、アイルランド鉄道は確実に安全性が向上したと言います。 ですが、ここにご紹介する動画は単なるノルトロックの紹介ムービーではありません。人の命を 預かる責任をその双肩に感じて懸命に働く、人目に触れない英雄の物語です。   Learn more: ノルトロックワッシャーとは Learn more: ノルトロックグループの鉄道業界での取り組み Watch now: (…)