造船・海運業

国際貿易を力強く支える小さな部品

何十億ドルもの商品が貨物線によって世界中の海を毎日のように駆け巡っています。造船業は、大きく重たい貨物を国と国を結んで運ぶ、国際貿易の柱であると言っても過言ではないでしょう。しかし、サイズや出力がいかに大きくても、船舶は多数の小さな部品に支えられて動いており、これを欠かすことはできません。あらゆる船舶にたくさんのボルトジョイントが使われているわけですから、手早く、簡単にこれらのボルトジョイントの問題を解決できれば、非常に大きな利益をもたらすことができます。また、スペースの確保や燃費を向上させる観点から、重量やサイズも重要視されます。

ノルトロックグループの製品は小さく、また効果的なことから、様々な分野の産業で広く知れ渡るようになりました。しかし、手早く簡単に取り付けられるというだけではなく、耐蝕性の製品もそろえており、常に海水にさらされる環境でも使用できるように考えられています。ノルトロックの製品はハンドツールのみでメンテナンス作業ができるので、例えば太平洋の真っ只中を航行中であっても簡単にメンテナンス作業が行えるという点でも非常に優れています。これらのことから、ボルトジョイントの能力を高めるノルトロックグループの製品は、大型貨物船、タンカーからヨットやフェリーのあらゆる重要なボルトジョイントに用いられ、造船業界全体に広くまっています。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【国内事例】舶用ディーゼルエンジン : 三井造船様

    世界トップメーカーの誇りを胸に ―三井造船株式会社   ※本記事はJapanBOLTEDに掲載されたものです   三井造船株式会社は、船舶の建造だけでなく海運業に関わる広範な製品を世界に供給する伝統ある 老舗企業です。1926年(昭和元年)同社はデンマークのB&W社(現MAN Diesel&Turbo社/ドイツ) と技術提携を結び、以降そのライセンシーとして舶用ディーゼルエンジンを製造、世界中の造船会社 に供給しています。同社は累計生産馬力9,000万馬力超、累計生産台数6,000台にも上る世界トップ の実績をもつだけでなく、ライセンス製造を行いながらも独自の技術を加えて製造を行っています。 時にはライセンサーであるMAN社から相談を受け、製品の試験運転や仕様改善の提案など共同開発 のような形でライセンス設計自体に関わることもあるという点が、同社の技術力を裏付けています。   1926年,MAN B&W社との提携開始頃。昭和初期から続くMAN社の舶用ディーゼルエンジン製造 に関する技術革新は、世界トップとなった今でも続いています。   世界トップメーカーとして、どのような想いをもって業務に当たられているのか、三井造船玉野事業 所でディーゼルエンジンの設計を担当するディーゼル設計部 (…)

  • ship propeller using Superbolt tensioners

    Adjustable bolted propeller

    Challenge: Large ships are increasingly being equipped with higher propulsive power. This trend is generating a need for larger propellers. (…)