製鉄業

最も価値のある金属

金や銀は常に貴重に扱われるが、鉄鋼ほど重要な物は他にないでしょう。鉄鋼は社会において価値が非常に高く、製鉄業は未だに経済の成長をもたらす産業であると言えます。鉄鋼による骨組みは、橋梁から自動車、船舶、飛行機や工具といったものに至るまで、すべての基本となる構造物です。建築・建設業界においては、再生可能で主要な材料として用いられます。

鉄鋼製品は産業革命以来様々に姿を変えてきましたが、未だに要求が厳しく集約的な産業です。そのため、常に錆、強い振動や激しい温度変化にさらされながらもボルトジョイントが緩むことがあってはいけません。ひとたび緩みが発生すると、緊急メンテナンスや修理が必要となり、また生産の遅れがコストを直撃します。

ノルトロックグループの製品は手早く簡単に使うことができ、ボルトジョイントをしっかりと固定することができます。これによって、安全性が高まり、生産性が向上し、メンテナンスの頻度が減り、ライフサイクルが長くなります。そのため、世界中の鉄鋼業界においてボルトジョイントはますます活用され、発展していくことでしょう。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【国内事例】スーパーボルト:JFEスチール様

    JFEスチール 西日本製鉄所は、2,510万㎡の敷地面積を誇る世界最大級にして最も先進的な製鉄所です。全ての製鉄所がそうであるように、製鉄所内の作業環境には事故発生の危険性が常に存在します。中でも熱間圧延と呼ばれる圧延工程は、鉄の再結晶温度である450℃以上の温度で鉄を薄く鍛え上げる過酷な環境となります。だからこそ、 JFEスチールは作業の効率化だけでなく安全性向上の取り組みを日々積み重ねて来ました。

  • 【国内事例】プレス機のタイロッド:コアテック様

    顧客の想いに応えるために ―コアテック株式会社 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   【課題】 コアテック株式会社は、省力化機械・設備メーカーとして顧客ニーズに沿った自動化機器を設計・ 開発し自社で一貫生産する企業です。様々な工程の自動化を実現する同社製品ですが、プレス機等の 荷重を支える部分には一つの課題がありました。タイロッドの締結です。従来は、プレスの衝撃と 荷重に絶え間なく晒されるタイロッドの締結にダブルナットで対応していましたが、ダブルナット では作業者によって効果にバラつきが生じます。ましてプレス機のタイロッドのような大きなサイズ になると、ナットを締め込むこと自体が大変な作業で、時間を費やしていました。納入後の品質 保証・メンテナンスを考慮すると、これは解決すべき問題でした。   【ソリューション】 コアテック株式会社は、ノルトロックワッシャを期にスーパーボルトに辿り着きました。そのマルチ ジャックボルトテンショニング技術自体とタイロッド締結の国内外豊富な実績に、十分な性能をもつ ことを確認しスーパーボルトの採用に踏み切りました。その背景には、ノルトロック営業技術員の 丁寧なサポートがありました。顧客製品の品質を向上させたいという熱意に、同じ想いをもつ コアテック株式会社が共鳴したのです。   (…)