貫通穴用エクスパンションボルト

この革新的な製品は、大径フィットボルトの使用箇所に、構成を変えずそのまま使用することができます。手早く、安全、簡単に取り付けや取り外しが可能です。

スーパーボルト・エクスパンションボルトは、6 個の部品でできています。小さい方の端部のテンショナーは、スタッドをスリット付きスリーブに引き込むための大きな力を引き出します。テーパ付きスリーブが広がる事で、カップリングの穴部に、大きな円周面圧を生み出します。大きい方の端部のテンショナーによって、締結部の締結力を発生させ、また取り外しの際にスタッドを簡単に緩めることができます。スタッドを取り外した跡は、スリーブは簡単に取り外すことができます。

全てオーダー品の別注製品となります。お客様の機器に合わせて設計・コーティング・材料等を選定致します。弊社の営業技術員及びエンジニアがお客様に最適なソリューション選定のお手伝いをさせて頂きます。詳しくは、ノルトロック社までお問い合わせください。

 

エクスパンションボルト導入のメリット:

  • 【作業が簡単】 特殊な工具や大がかりな設備は不要。トルクレンチ1本で可能です。
  • 【作業が迅速】 ボルト締結一本あたり、ほんの数分で締結可能です。
  • 【作業が安全】 150Nm以下のトルクで締結可能。ハンドツールのみの作業となるため、事故発生のリスクを大きく低減します。
  • 【経 済 的】 特殊な工具を必要としないため余分なコスト削減が可能で、フランジ穴加工の精度向上策も不要です。また、フランジ穴自体を損傷させない締結が可能となるため、相手母材を再度製作する必要もありません。
  • 【再利用可能】 テーパー付スリーブのスプリング効果は締結解除後も維持。再利用が可能です。
  • 【軸力と半径方向の双方へ応力を発揮】カップリング位置調整などの取り付け作業が改善します。
  • 【現場での穴加工が不要】 高精度な穴加工は必要ありません。
  • 【ナット着座面の高精度な表面加工が不要】 スーパーボルトは座面表面の「荒れ」をある程度補えるよう設計されています。
  • 【現場でのスリーブ仕上加工が不要】 テーパー付スリーブは、現場での組立時に穴径に合わせて膨張するため、仕上加工が不要です。

 


エクスパンションボルト – 貫通穴用:締結・解除の作業手順

 

締結作業:

  1. テーパー付スリーブ(D)を貫通穴に挿入する。
  2. テーパー付スタッド(C)を、1.で貫通穴に挿入したテーパー付スリーブに挿入する。
  3. 貫通穴の反対側で、スリップワッシャー(E)をテーパー付スタッドの先端に通す。
  4. マルチ・ジャックボルトテンショナー(MJT)(F)をテーパー付スタッドの先端に着座させる。
  5. MJT (F)のジャックボルトをスーパーボルトの作業手順に従って締め付けて行く。
  6. 同様に、(B)のワッシャーと(A)のMJTを取り付け、スーパーボルトの作業手順に従ってジャックボルトを順番に締結して行く。

 

解除作業:

  1. MJT(F)の各ジャックボルトをスーパーボルトの作業手順に従って緩めて行く。
  2. MJT(A)と共にテーパー付スタッドを引き抜く。
  3. 2.でスタッドを引き抜くとスリーブ部が分解され、解除作業が完了する。

 


 

スーパーボルトの締結原理(英語):

スーパーボルトは、大径ボルトをそのまま締め付ける従来の締結方法とは根本的に異なり、ナットボディに環状に配置されたジャックボルトを手順に従って締め付けて行くことで、大きなトルクを得るというコンセプトで設計されています。

実際に締め付けるのは一般的なハンドツールで締結可能なジャックボルトのみとなるため、油圧テンショナーやヒーティング、またはハンマー等を用いた、従来の高価で安全面のリスクを孕んだ大径ボルト締結の課題を、一挙に解消することができます。

設備機器面、人件費面の両面から作業コストを大きく削減し、尚且つ作業スペースの問題も解決する本製品の計り知れないメリットを、是非ご確認ください。

 


 

その他のスーパーボルト製品

high temperature tensioners●ナット式テンショナー

スーパーボルト・マルチ・ジャックボルトテンショナーの最も一般的な製品です。大径ボルトの締結を、油圧やヒーティング、ハンマー等を用いることなく、一般的なハンドツールのみで締結・解除することができます。

 bolt-style-product-page-122x82●ボルト式テンショナー

今あるスタッドやボルトに代えて、そのまま置き換わる形で機構を変更することなく導入できる製品です。油圧やヒーティング、ハンマー等を用いることなく、一般的なハンドツールのみで締結・解除することができます。

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • Fusion-power1

    核融合電力

    石炭、石油燃料が枯渇していき、温室効果ガス削減に対するニーズがますます高まっていくにつれ、核融合電力は世界の長期的なエネルギー事情に解決策を与えてくれる可能性が出てきています。スイス・プラズマ・センターは、核融合発電という新しいエネルギー源の開発において世界で最前線の組織の1つであり名門大学のスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)に属する組織です。

  • _1030271

    アルプス山脈 からの充電

    背景にアルプス山脈が連なるスイスの発電所は、電力貯蔵の問題を解決してきました。山中の9キロメートルにもおよぶトンネルを通って落ちてくる水の利用と再利用により、発電所は巨大な電池として機能しています。