スーパーボルト - ボルト型テンショナー

人間の力で締め付けられない太径ボルトをトルクレンチ1本で締結。
スタッドの突き出しを避けたい狭いスペース等、ナットでの締結が難しい締結箇所に。

ノルトロックグループの一員である米国スーパーボルト社は、1974年に米国の鉄鋼最大手、USスチール社からの依頼により、巨大なトルクを分散させるというアイデアを世界で初めて発明・開発しました。そのスーパーボルト製品の中でも、ボルト型テンショナーは配管が密集した箇所や天井近くの箇所のように、スタッドの突き出し寸法を無くしてしまいたいような限られたスペースで最大の威力を発揮します。

ナット型テンショナーと同様に、ボルト型テンショナーも小さなジャックボルトを締め付けて行くことで大きな軸力を得る製品であるため、従来はハンマリング、ヒーティング、油圧工具でしか締結できなかった箇所を、何の準備時間も危険作業も、1分の待機時間もなく1人の作業でトルクレンチ1本で完了できるのです。

 

あらゆる使用条件・環境に対応:

宇宙から深海まで、サイズを問わずご対応が可能です。スーパーボルトを製造する材料自体も鉄やステンレスだけでなく、耐食性や温度帯に合わせてカスタマイズ品をご用意いたします。ノルトロックジャパンの営業技術員が、最適な解決方法をご提案いたします。

 

製品のカスタマイズにも柔軟に対応:

スーパーボルトの製品は、幅広い標準品ラインナップを取り揃えながらも、耐食性や温度帯などお客様のニーズに応じて柔軟にカスタマイズ品をご用意することも可能です。

 

 

■スーパーボルト 製品紹介動画

 

■製品カタログのダウンロード:
スーパーボルト マルチジャックボルト・テンショナー製品カタログ(2016年ダウンロード版/3.1MB)

 

 

本製品をご検討中のお客様は、株式会社ノルトロックジャパンまでお気軽にお問合せください。弊社スタッフが、製品の実物サンプルをお持ちし、詳細のご説明とお客様のボルト締結課題のご相談を承ります。

Inquiry

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【国内事例】ソディック様(スーパーボルト)

    株式会社ソディックは、産業機械や工作機械、自社製品の消耗品などの製品を製造する、日本を代表するメーカーです。同社は、独自の研究開発を大切にして高品質な製品を提供することで、顧客のものづくりを支えることに尽力しています。

  • 風力タービン 20年後の未来に タイムスリップ

    近年世界中で成長する風力発電産業では、部品点数を極力減らした大規模な風力タービン製造方法が模索されています。ドイツでは新たな建造技術の試験を行っており、限られた試験期間の中でタービン稼働開始後20年間で発生する摩耗や亀裂のシミュレーションを行っています。