スーパーボルト - ボルト型テンショナー

人間の力で締め付けられない太径ボルトをトルクレンチ1本で締結。
スタッドの突き出しを避けたい狭いスペース等、ナットでの締結が難しい締結箇所に。

ノルトロックグループの一員である米国スーパーボルト社は、1974年に米国の鉄鋼最大手、USスチール社からの依頼により、巨大なトルクを分散させるというアイデアを世界で初めて発明・開発しました。そのスーパーボルト製品の中でも、ボルト型テンショナーは配管が密集した箇所や天井近くの箇所のように、スタッドの突き出し寸法を無くしてしまいたいような限られたスペースで最大の威力を発揮します。

ナット型テンショナーと同様に、ボルト型テンショナーも小さなジャックボルトを締め付けて行くことで大きな軸力を得る製品であるため、従来はハンマリング、ヒーティング、油圧工具でしか締結できなかった箇所を、何の準備時間も危険作業も、1分の待機時間もなく1人の作業でトルクレンチ1本で完了できるのです。

 

あらゆる使用条件・環境に対応:

宇宙から深海まで、サイズを問わずご対応が可能です。スーパーボルトを製造する材料自体も鉄やステンレスだけでなく、耐食性や温度帯に合わせてカスタマイズ品をご用意いたします。ノルトロックジャパンの営業技術員が、最適な解決方法をご提案いたします。

 

製品のカスタマイズにも柔軟に対応:

スーパーボルトの製品は、幅広い標準品ラインナップを取り揃えながらも、耐食性や温度帯などお客様のニーズに応じて柔軟にカスタマイズ品をご用意することも可能です。

 

 

■スーパーボルト 製品紹介動画

 

■製品カタログのダウンロード:
スーパーボルト マルチジャックボルト・テンショナー製品カタログ(2017年ダウンロード版/4.89MB)

 

 

本製品をご検討中のお客様は、株式会社ノルトロックジャパンまでお気軽にお問合せください。弊社スタッフが、製品の実物サンプルをお持ちし、詳細のご説明とお客様のボルト締結課題のご相談を承ります。

Inquiry

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【お客様の声】水力発電設備:スーパーボルト

    例えM100サイズのボルトでもトルクレンチ1本で締結できる世界初の機械式テンショナー、スーパーボルトを使いこなすことにおいて、この米国人マイク・ブルーノ氏の右に出る者はまずいない。30年以上の昔、最初期のスーパーボルトを水力発電所のタービンに設置して以降、彼はスーパーボルトの製品技術を称賛し続けている。

  • 【国内事例】スーパーボルト:JFEスチール様

    JFEスチール 西日本製鉄所は、2,510万㎡の敷地面積を誇る世界最大級にして最も先進的な製鉄所です。全ての製鉄所がそうであるように、製鉄所内の作業環境には事故発生の危険性が常に存在します。中でも熱間圧延と呼ばれる圧延工程は、鉄の再結晶温度である450℃以上の温度で鉄を薄く鍛え上げる過酷な環境となります。だからこそ、 JFEスチールは作業の効率化だけでなく安全性向上の取り組みを日々積み重ねて来ました。