スーパーボルト - ナット型テンショナー

ハンマリングのような危険も、ヒーティングのような待機時間も、
油圧工具のような準備やスペースも不要。トルクレンチ1本で大径ボルトを締結

ノルトロックグループの一員である米国スーパーボルト社は、1974年に米国の鉄鋼最大手、USスチール社からの依頼により、巨大なトルクを分散させるというアイデアを世界で初めて発明・開発しました。そのスーパーボルト製品の中でも、ナット型テンショナーは最もオーソドックスで幅広い用途にご使用いただける製品です。

ナット型テンショナーを始めとするするスーパーボルトは、ナットボディにぐるりと配置された小さなジャックボルトを締め付けて行くことで、人間の力では締め付けられない大径ボルト・ナットをトルクレンチ1本で締結できる画期的製品です。小さなジャックボルトを締め込んで行く作業のみであるため、油圧トルクレンチや油圧テンショナーのように準備作業が必要なく、ハンマリングのような危険作業を伴うこともなく、ヒーティングの冷却時間のような何もできない待機時間が発生することもなく、トルクレンチ1本のみで作業が完了できます。

また、得られる軸力の誤差は10%以内に確実に抑えることができるため、極めて正確な軸力管理が行えます。しかし最大のメリットは、この正確な軸力が「誰が作業に当たっても同じ成果が得られること」にあります。機械・設備メーカー様にとって、製品納入後にメンテナンス作業者の技量によって製品パフォーマンスや安全性・確実性が左右される懸念を払しょくすることができるのです。


あらゆる使用条件・環境に対応:

宇宙から深海まで、サイズを問わずご対応が可能です。スーパーボルトを製造する材料自体も鉄やステンレスだけでなく、耐食性や温度帯に合わせてカスタマイズ品をご用意いたします。ノルトロックジャパンの営業技術員が、最適な解決方法をご提案いたします。

 

 

■スーパーボルト 製品紹介動画

 

■製品カタログのダウンロード:
スーパーボルト マルチジャックボルト・テンショナー製品カタログ(2016年ダウンロード版/3.1MB)

 

■スーパーボルト製品の関連情報

 

本製品をご検討中のお客様は、株式会社ノルトロックジャパンまでお気軽にお問合せください。弊社スタッフが、製品の実物サンプルをお持ちし、詳細のご説明とお客様のボルト締結課題のご相談を承ります。

Inquiry

最新の顧客事例

他の顧客事例を確認
  • 【電力事例】:潮力コンバータフレームの締結

    地球の表面の70%が海で覆われていることを考えれば、潮力は巨大な可能性を秘めた未開発のエネルギーソースだと言えます。

  • 【国内事例】プレス機のタイロッド:コアテック様

    顧客の想いに応えるために ―コアテック株式会社 ※本記事は、JapanBOLTEDに掲載されたものです   【課題】 コアテック株式会社は、省力化機械・設備メーカーとして顧客ニーズに沿った自動化機器を設計・ 開発し自社で一貫生産する企業です。様々な工程の自動化を実現する同社製品ですが、プレス機等の 荷重を支える部分には一つの課題がありました。タイロッドの締結です。従来は、プレスの衝撃と 荷重に絶え間なく晒されるタイロッドの締結にダブルナットで対応していましたが、ダブルナット では作業者によって効果にバラつきが生じます。ましてプレス機のタイロッドのような大きなサイズ になると、ナットを締め込むこと自体が大変な作業で、時間を費やしていました。納入後の品質 保証・メンテナンスを考慮すると、これは解決すべき問題でした。   【ソリューション】 コアテック株式会社は、ノルトロックワッシャを期にスーパーボルトに辿り着きました。そのマルチ ジャックボルトテンショニング技術自体とタイロッド締結の国内外豊富な実績に、十分な性能をもつ ことを確認しスーパーボルトの採用に踏み切りました。その背景には、ノルトロック営業技術員の 丁寧なサポートがありました。顧客製品の品質を向上させたいという熱意に、同じ想いをもつ コアテック株式会社が共鳴したのです。   (…)