エキスパート: 穴径が大きくてもノルトロックワッシャーは使えますか?

Q: 長穴⁄穴径が大きい場合、ノルトロックを取り付けるにはどうすれば良いですか?

A: 設計によっては、クランプ部品の組立て中の調整や整列で位置づけをし易しくするため長穴、または大きいサイズの穴が使われます。

ただし、長穴は締結部品と相手材の表面の接触面積が減少するため、本体素材の圧縮応力が増加し拡大した穴の緑が変形することがあります。(図1をご参照ください)

外形の大きいワッシャーを用いることによって荷重はより広い表面に分散され、本体素材への圧力によるストレスを低減することができます。(図2をご参照ください)荷重の分散を最適化するために、フランジナットの使用が役立ちます。この方法によって、締結部品が高い軸力まで締め付けられた時にもワッシャーの折れや長穴の緑の変形、過度の沈みを避けることができます。(図3をご参照ください)

ノルトロックは、大きい穴径や長穴に使用するための、寸法それぞれNL36sp(スチール製)までとNL-30spss (スチール製)までの外径を拡大した「sp」と呼ばれるワッシャーを提供しています。

 

More insights and references

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。