エキスパート: タップ穴の嵌め合い

Q: タップ穴に対して強く締結するためには、どうすればいいしょうか?

A: 基本の設計ルールは、雌ねじが潰れる前に雄ねじ(ボルト側)が壊れるように、ボルト締結部が設計されることを要求しています。

タップ穴のある部品については、嵌め合い長さ(例:雄ねじとタップ穴の嵌め合うねじ山数)はこの規準を考慮する必要があります。

応力の重要部位は以下の通りです:ボルトの引張応力部位、雄ねじの応力部位、雌ねじの応力部位。

タップ穴のある部品を強く締結するための最小推奨嵌合は鉄で呼び径の約1倍、アルミニウムで呼び径の約2倍と一般的に知られています。多くの場合、(柔らかい素材のネジ穴、特殊合金等)これらの数値は十分ではなく、右の公式を適用しなければなりません。

これらの公式は簡略化されており、概算値を算出するだけです。正確に要求される嵌合を計算するのは、非常に複雑な問題で、全てのパラメータを考慮し解析公式を定義したE.M.アレクサンダー氏により研究されていました。

解析的計算がより複雑になると、有限要素解析(FEA)が行われます。有限要素解析については18ページで更に詳しく記載されています。

 

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。