エキスパート: ノルトロックのワッシャーは、表面にどのように影響するのですか?

Q: 使用のアプリケーションでノルトロックは表面にダメージを与えますか?

A: ノルトロックのワッシャーは、相手材に掻き傷をつけることなく痕跡を残すよう設計されて

います。痕跡は歯(リブ)が相手材に正しくグリップしていることを証明するための重要な

指標として、ノルトロックワッシャーが機能しているかどうかの確認にご利用いただけます。

ボルト締結体では、最も摩擦係数の低い点で回転運動が生じるため、戻り回転を起こす時には

リブ面はボルト・ナットにグリップしているため、2枚組のワッシャーのカム間(内側の大きな

ギザギザのある面)で戻り回転を起こそうとしますが、カムの山の角度がねじのリード角よりも

大きいため、くさびの効果で戻り回転を物理的に防止することができます。

ここで最も大きな点は、ノルトロックワッシャーは摩擦に依存しない緩み止め機構をもっている

ということで、摩擦係数の低減・安定化のために潤滑油をご使用いただくことができるのです。

 

ノルトロックワッシャーを取り付けた締結体を締め付ける時、回転運動は必ずワッシャー上部と

ボルトヘッドまたはナットの間で生じます。そのため、相手材の表面に引っ掻き傷ができることは

なく、もちろんバリが出ることもありません。歯(リブ)は単に素材の中に押し込まれるのみと

なります。ボルトヘッド・ナットには、わずかなスクラッチに耐える十分な硬度があります。

そのため相手材表面にダメージを与えるリスクはありません。痕跡は、表面にかかる圧縮応力を

わずかに増加しますが、素材を引っ掻いたり傷つけたりする性質のものではないのです。

無料カスタマーマガジン「BOLTED」の購読

ボルト締結の技術記事や国内外の採用事例が楽しめる無料カスタマーマガジン「BOLTED」会員へのご登録はこちらから。

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

登録完了。BOLTEDマガジンへの読者登録、誠にありがとうございました。

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。