中国: 石炭市場における機会

2008年に中国が石炭資源の統合を実施して以来、国内の石炭市場は下落し続けています。採炭量の減少につれ、石炭採鉱企業は採鉱機器の購入を減らし、機器メーカーに再構築や業界での新しい機会の模索を強いています。西安煤砿機械有限公司は、革新と開発の追求において優秀な企業です。

高性能、カスタマイズ、自動化、安全性そして信頼性――これらは、西安煤砿機械有限公司がその製品に盛り込もうとしているものです。石炭剪断機は厳しい環境下で操作する機器であり、主要な接続部品の締結力不足に関してしばしば問題に直面し、衝撃荷重下で簡単に締結部が緩むことにより生産性に影響を与え、作業者の安全を脅かします。現在、同社は、無人操作で自動化生産が可能な、自社開発の剪断機MG1660の販売準備をしています。MG1660は、その締結部にノルトロックワッシャーとスーパーボルト・テンショナーを使用しており、機器の密閉性、衝突防止、および振動性能の向上をサポートしています。

更に、西安煤砿機械有限公司は、ロードヘッダ・マシンユニットを開発し、新しい市場に手を伸ばしました。同社は、ノルトロックワッシャーとスーパーボルト・テンショナーを、その剪断機とロードヘッダ用の専用部品として承認しました。

データ:西安煤砿機械有限公司
設立:1951年
従業員:1,500人
容量:剪断機130台およびロードヘッダ40台
用途:剪断機MG1660
採鉱高さ:4メートル
電力:1,660kw

More insights and references

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。