重機械のより迅速な輸送

掘削機は鉱山において重要な機械のひとつですが、その全馬力をもってしても、動作スピードは驚く程遅く、運搬作業は時間と手間のかかる作業です。実際のところ、その作業の動作時間の約15%はただの移動に費やされており、その強制的なダウンタイムは収入の減少を意味します。

しかしながら、比較的簡単でありながら、独特なソリューションで、スレイプナー社は掘削機のロジスティクスに革命をもたらし、移動時間をなんと70%削減しました。

スレイプナー社の最も大きな車両であるE550は、565トンまでの重量の掘削機を移送することができます。以前は、フレームの固定の接合部分には、溶接を利用していました。しかしながら、荷重を増加させるために、より安全を確保できる接合方法を見つける必要がありました。彼らは、回転緩みが発生することなく大きい荷重に耐えることができるノルトロックワッシャーの使用を選択しました。

世界中で活躍する、スレイプナー社の車両はしばしば、オーストラリアのアウトバックやフィンランドの極北部などの資源の限られた遠隔地に送られることがあります。この理由から、特別な工具を必要とせずとも一般的な手工具だけで太径ボルトを締められるボルトを使用することは、電力供給のない遠隔地で作業する際には大きな利点となるため、スレイプナー社はスーパーボルトのテンショナーを使用してフレームと車輪を固定しています。

顧客: スレイプナー フィンランド社
製品: E550
荷重: 565トン
車輪径: 2.7 M
幅: 5.4 M
重量: 80.5トン
タイヤ数量: 8本

More insights and references

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。