世界最大のクレーン

世界の建設業界での高まる需要を受け、新しいタイプのスーパークレーンが台頭しています。その中で、世界最大・最高レベルのものが、Bigge 125D AFRD(Aフレーム・リング・デリック)です。

世界の建設業界での高まる需要を受け、新しいタイプのスーパークレーンが台頭しています。その中で、世界最大・最高レベルのものが、Bigge 125D AFRD(Aフレーム・リング・デリック)です。最大7,500トンの積荷を持ち上げられるだけでなく、それを1箇所から管理できるため、クレーンへの移動や複数のリフト装置を必要としません。Bigge 125Dは、一度設置するだけで、群を抜いた最大許容荷重と移動可能範囲を大きくとって迅速かつ効率的に動かすことができる、建設業界では前例のない柔軟性を提供するクレーンです。

現在、2機のBigge 125Dクレーンが、米国の2箇所の原子力発電所で、2基の新しい並列原子炉の建設に使用されています。Bigge 125Dを配備することで、クレーンを移設せずに、この新たな原子炉2基を一度に建てることができます。
言うまでもありませんが、このサイズと容量の機械には、強固なボルト締結ソリューションが必要となります。しかし、建設が完了すれば、機械を解体し、輸送し、新たな場所で再び組み立てる必要もでてきます。こうしたことから、Biggeクレーン&リギング社は、スーパーボルトのテンショナーを使用して、大きな部品を連結しようと決めたのです。このテンショナーは、必要な安全性を提供でき、しかも油

カスタマー: Biggeクレーン&リギング社
クレーンの高さ: 170メートル
対象製品: Bigge 125D AFRD スーパークレー
クレーン稼働範囲: 113,000平方メートル
最大定格重量: 7,500トン
馬力: 3,450馬力

Secure connections

ボルト締結の課題を解決する ソリューションをお探しですか?

あらゆるボルト締結の課題を共に解決 テクニカルサポート ボルト締結のご相談や訪問セミナーご依頼等 お問合せ