Making deep sea drilling safer

世界中の海洋油田掘削産業で安全確保が至上命題となる中、MPOのガスライザー制御システムは多くの需要を得ることになりました。僅か数年のうちに同社は小さなオフィスから200名以上を擁するグローバルサプライヤーへと成長したのです。

2010年にメキシコ湾で11名が犠牲となった米史上最悪の石油流出を引き起こしたディープウォーター・ホライゾンの爆発が起こって以来、海洋油田掘削産業では二度とこのような事故が起こらないよう業界全体でのグローバルな取り組みを開始しました。
各現場ごとに最適化された安全確保策を施し、人身事故や莫大な損失を防止するための設備が大きく市場で台頭することになったのです。


石油採掘においてガスライザーにまつわるリスク管理は、現在機器設計の進歩によってその改善が急ピッチで進んでいます。MPOは従業員約200名にまで成長し、世界中にその機器を供給しています。
「ディープウォーター・ホライゾン事故のような悲劇を防ぐ技術は、既に現在実用化されているもので、我々はその最先端を走っていると自負しています。」MPOのR&Dマネージャー、アレックス・マクレガー氏は語ります。ディープウォーター・ホライゾン事故を経て、ガスライザーの取り扱いに関する安全性向上を目指し、たった3つのデスクと共にシンガポールで事業を設立したMPO(Managed Pressure Operations)社が現在、業界をけん引しているのです。

昨年、アメリカ機械学会(ASME)によりウェルヘル最優秀機械技術賞を受賞したMPOのガスライザー制御システムは、従来の石油掘削からガスライザーにまつわるリスクが事細かに管理できるよう設計されています。
「表面に掘削装置を設置し、ガスライザーが噴出防止装置がある8,000-9,000フィート下の海底まで降りて行く。とても高性能で高価な機器です。」マクレガー氏は言います。「ですが、その結果ガスライザーは掘削装置から8-9,000フィート下にあるので、実際には海中の噴出防止装置に到達する前に掘削により発生した汚水に混ざって来るガスを検出するのは極めて困難です。ガスの発生時には海底から上昇して来るガスの体積は膨大なものとなり、掘削の汚水を押しのけてしまいます。」

これに対応する従来の掘削装置が採用していた方法は、誘導弁を閉じて掘削の汚水とガスが巨大な誘導ラインを通って外部に排出されるというものでした。しかしこの方法では、掘削機にタイムロスを発生させてしまいます。
「ディープウォーター・ホライゾンのような事故は、3千万ドル規模の損失に繋がります。我々の機器には掘削装置のすぐ下に、他の噴出防止装置を追加しています。圧力の上昇を制御し、ガスの気泡が上昇に伴う水圧の減退により膨張するのを止め、汚水とガスを巨大な汚水・ガス分離船に移送するのですが、これも掘削装置と共に提供します。我々はこうしてガスのフレアを無くし、掘削による汚水を浄化します。」

MPOのガスライザー制御システムは、最もシンプルなもので重量25トン・全長50フィートのものから、最大で70トン・70フィート長のものまでがラインナップされています。その設計では、ナットとボルトを信じられないほど狭い空間に組み込む必要があり、作業が困難な締結部はスーパーボルトによって締結されています。
「私は何十回とこの機器を分解したり組み立てたりしています。従来のボルトでの締結作業はほぼ不可能なんです。これほど大径のボルトになると普通の工具では締め付けることができません。でもスーパーボルトであれば誰でも簡単に、数分で作業ができる。これほどありがたいことはありません。」MPOシンガポールで製品組立部門のチーフであるサイエド・イドリス氏はスーパーボルトを歓迎しています。

MPOは、その第5世代のガスライザー制御システムを、トランスオーシャン、スタトイル、レプソルを含む様々な顧客に向けて開発しており、そのうち1つはブラジルの油田へ、もう1つはメキシコの油田へと間もなく送られることになります。
「この機器の開発で注意した主なことは、コンパクトに保つことで、我々の最大の課題もこのシステムを可能な限り小型化することでした。」マクレガー氏は語ります。「ボルトを締結することが不可能と思われるような、非常に狭いスペースに設計する必要があったのはそのためです。しかしこれは、スーパーボルトの存在があってこそ実現できるものなのです。」

「石油掘削機におけるガスライザーを管理する技術の進歩により、掘削機のオペレーターは巨額のコスト削減が実現できました。リスクを最小化することで、緊急事態(管轄機関へ報告すべき重大インシデント)が起こり得ていたものを、「ダウンタイム」無しに当たり前のように安全に処理することができ、誰もが行える日常的なものに変革しました。 非常に高額な日中の掘削装置が使用できないことで発生する損失は、そうした事故の後、再び安定的に油田を稼働させるのに何週間もかかるかもしれません。その損失は1週間で1,400万ドルにも達するのです。

──────────────────────────────────────────────────

FACTS

顧客:マネージド・プレッシャー・オペレーション(MPO)社
事業内容:MPOはガスライザー制御システムをトランスオーシャン、スタトイル、レプソル等の大手を含めた顧客に供給している。
ガスライザー制御システム寸法:最小25トン・50フィート長、最大70トン・70フィート長
従業員数:200名

 

得られたメリット

MPO社が実感するスーパーボルト導入のメリットは以下:

  • 組立や保全用に確保による作業スペースが大幅にコンパクト化できる設計上のメリット
  • 工具や手が届きにくい締結部でも確実に作業でき、極めて高い軸力精度で締結できる
  • 高い軸力精度で締結することで、振動等による緩みを起こさない

Customer success stories

無料カスタマーマガジン「BOLTED」の購読

ボルト締結の技術記事や国内外の採用事例が楽しめる無料カスタマーマガジン「BOLTED」会員へのご登録はこちらから。

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

登録完了。BOLTEDマガジンへの読者登録、誠にありがとうございました。

Secure connections

ボルト締結の課題を解決する ソリューションをお探しですか?

あらゆるボルト締結の課題を共に解決 テクニカルサポート ボルト締結のご相談や訪問セミナーご依頼等 お問合せ

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。