Looking deep into the stars

リンク・ニルバーナと呼ばれるその天体観測装置は、その名通りの機能を持っています。大双眼望遠鏡(LBT)に取り付けると天文学者はこの装置ではるか遠くにある銀河の中心部をかつてない解像度で見ることができます。

米国アリゾナ州のグラハム山に設置されている大双眼望遠鏡(LBT)は、世界最先端の光学望遠鏡です。直径8.4mの2つの主鏡が1つの構造物に取り付けられている構造をしています。リンク・ニルバーナ近赤外線画像装置はこの2つの鏡から出る光を1つに合わせ、口径23mの望遠鏡に匹敵する解像度で画像を表示します。別の言い方をすると、リンク・ニルバーナ装置は、スマートフォンのカメラアプリケーションのようなものです。5350万光年も離れたところにある銀河の中心の写真を撮ることができます。しかし、リンク・ニルバーナは重さが9.5トンもあり、使用されているモーターは139個あります。世界の技術者による建設期間は10年を要しました。

ラルフ-ライナー・ローロフ氏は、ドイツのハイデルベルグにあるマックス・プランク天文研究所長であり技術者でもあります。この複雑なリンク・ニルバーナ建設プロジェクトに当初から関わってきました。ローロフ氏によると、現在、様々な異なる分野から約40名の技術者がこのプロジェクトで仕事をしており、天文学者も数人いるそうです。

「この天文学者は、この機器の計画段階から科学者や技術者の会議に参加し、何が可能なのかについて議論を行います。」とローロフ氏は語ります。「参加する天文学者は少しでも技術系の背景があることが必要です。でないと私たちが議論していることが分かりませんから。私たちの側でも彼らが欲するものを理解するため、天文学の知識が少々必要です。」

この装置は様々な機能を持っています。例えば、太陽系の外にある惑星を画像化すること、宇宙のはるかかなたにある銀河を研究することです。リンク・ニルバーナはこのように大型で費用も掛かっており、世界中からいくつかの研究機関がこの開発に関わってきました。ローロフ氏の研究機関はこの装置を使うドイツの研究機関の仕事をイタリアやアメリカの研究機関と協力して調整することを仕事としています。

この装置は2015年6月に完成し、夏に丁寧に梱包して、9月にドイツからアリゾナに向けて出荷されました。ローロフ氏はチームとともに、11月にアリゾナを訪問し、現地で様々な試験を行いました。

「非常にやりがいがありました。何ら現実化した問題はありませんでしたし、すべてがうまくいきました。」とローロフ氏は言います。「設計開発のプロセスは長期にわたりましたので、非常にスムーズにことが運んだことに私たち全員が喜びました。最終据え付けは2016年になります。」

9.5トンの重量の装置を、非常にセンシティブな望遠鏡に取り付ける場合、精度と安定性を確保することが重要になります。この装置のフレームを望遠鏡のフレームに取り付けるツールとしてスーパーボルトテンショナーノルトロックワッシャーが選択されました。非常に重要な役目をしています。「スーパーボルトとノルトロックワッシャーを選択しました。なぜならこの締結部材が最も安全だからです。」とローロフ氏は語ります 。

「ワッシャーを探しているとき、70%の座金類は実は安全ではないことを知りました。私たちの場合、この装置は完全に安全でなければなりません。わずか数百ミクロンのずれもあってはならないのです。」他にもノルトロック社の製品が選択されました。非常に狭いスペースで、ボルトを非常に高い精度の軸力の実現を達成しなければならなかったからです。「大型のレンチが入るスペースは、この装置のどこにもありません。」とローロフ氏は言います。「スーパーボルトのソリューションを使えば、小型のトルクレンチでも必要なトルクを正確に与えることができます。これが大きな利点ですね。」

10年に及ぶプロジェクトもそろそろ完成の時がきています。ローロフ氏は他のプロジェクトでの仕事の予定が目白押しだといいます。氏の仕事は、望遠鏡を最も適した場所に設置するため、遠く離れた乾燥地帯に赴任することが多いといいます。スペインの砂漠からチリの山岳地帯の頂上まで行くことがあるそうです。ローロフ氏は、天文学には生涯にわたる情熱を持ってきたといいます。「子供の頃から私は天文学に非常に興味がありました。」とローロフ氏は語ります。「当時、自分で小さい望遠鏡を作ったりもしました。その私が今、世界中で大型望遠鏡の建設にかかわっていることに驚いています。」

──────────────────────────────────────────────────

FACTS: ノルトロックのソリューション

顧客:マックス・プランク天文研究所(ドイツ、ハイデルベルグ)
エンドユーザー:大双眼望遠鏡(LBT)
場所:アメリカ合衆国アリゾナ州グラハム山
用途:天文学装置を望遠鏡のフレームに取り付ける
ノルトロック社のソリューション:スーパーボルトCY-M20テンショナーとノルトロックワッシャー30セット
製品の利点:ずれが全く生じない絶対の安定性。狭い空間でも必要なトルクを正確に与えることができること。

Customer success stories

無料カスタマーマガジン「BOLTED」の購読

ボルト締結の技術記事や国内外の採用事例が楽しめる無料カスタマーマガジン「BOLTED」会員へのご登録はこちらから。

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

登録完了。BOLTEDマガジンへの読者登録、誠にありがとうございました。

Secure connections

ボルト締結の課題を解決する ソリューションをお探しですか?

あらゆるボルト締結の課題を共に解決 テクニカルサポート ボルト締結のご相談や訪問セミナーご依頼等 お問合せ

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。