可動部のガタつき、ピン穴の補修、運転不可時間を完全解決

ボスカリス・ウェストミンスター社は、80年を超える歴史を持つ浚渫(河川や海等の底を掘り、浚うこと)と洋上施設に関わる設備、および海洋サービスを提供する世界でも有数の大手企業だ。その安全性と長寿命を売りとする同社は、あらゆるタイプのオフショア・プロジェクトを手掛け、数々の成功を収めて来た。

数多くの設備機器を有しながらも、多くの人々はボスカリスと聞けば浚渫機が真っ先に思い浮かぶだろう。メンテナンスや修繕による作業が難しく、何かと困難の多いオフショア環境では、メンテナンスフリーな設備機器と高効率な作業が不可欠だ。

そんな中、ボスカリスは同社最大の浚渫機の一つである「バルデュール」にエクスパンダー・システムを採用した。この浚渫機は油圧ショベルのアームと同形状の設備で、ちょうどブームとアームのリンク部分のピンと入れ替える形でエクスパンダーを採用したのだ。

エクスパンダー・システムの製品は、オフショア環境のような過酷な使用条件下でも問題なく機能するよう設計されており、話を聞いたボスカリスはすぐにテスト採用することを決定した。この「バルデュール」のブームとアームリンク部に採用されたエクスパンダーは、エクスパンダー・システムが内製で製造したものの中で、過去最大サイズとなった。そのピン径320mm、ピンの長さは2230mmで重量は1.5トンというものだ。拡張スリーブだけでも95kgもある。

果たして、可動部のガタつきによる効率悪化やその原因であるピン穴の摩耗の補修および補修中の運転不可期間の損失は、ボスカリスにとっては過去のものとなった。エクスパンダー・システムはブームとアームの躯体自身に起こる摩耗を完全解決したことで、浚渫機の寿命さえも延ばすことができるのだ。

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。