Permanent Solution for Lug Wear

Expander Web Shop Login

従来の課題を克服する技術

可動部の挿入穴はピンの脱着を可能にするため、一般に、挿入穴に対してピンをマイナス公差としています。設備の稼働時、可動部に荷重が加わると、その僅かな隙間の中でピンが荷重方向に運動を起こします。その繰り返しの衝突から、結果として可動部のピン穴に摩耗が生じ、ブッシュを使用していればブッシュ交換が必要となり、ブッシュを用いない箇所では生じた穴摩耗の修繕が必要となります。

エクスパンダー・システムは、従来のストレート形状のピンで必然的に発生していたピン穴との隙間をなくす独自技術で、ピン穴の楕円変形等の原因となる隙間を拡張スリーブにより無くし、摩耗発生の原因を根本から解決します。多少摩耗が生じた既存のピン穴にも使用することができ、拡張スリープの拡張代が既に摩耗した分の隙間も埋めることが可能です。一般的な工具のみで取り付けることが可能で、取り付け箇所に合わせたデザインをご提案いたします。ご自身で作業が可能な点から、サービス等の外注に頼らずに可動部のガタつきを抑制出来ます。

 

エクスパンダーシステムは両端がテーパー加工されたピンと、その両端に取り付けるための拡張スリーブ、テンションワッシャー、ボルト(またはナット)で構成されています。

可動部ラグ穴摩耗の修繕に代わる技術

  1. 可動部のピン穴にテーパー付ピンを挿し入れます。ピン穴の摩耗がよほど酷くない限りは、既設のピンとの入れ替えも肉盛や穴加工を行うことなくそのまま行えます。

  2. 両端にスリットが入った拡張スリーブとワッシャーを取り付け、ボルト(またはナット)を締め込むと、ワッシャーが拡張スリーブをピンのテーパーに押し込み、スリーブがピンのテーパーに沿って拡張します。

  3. このスリーブの拡張によりピン穴内の隙間は塞がれ、ピンが穴の中で動けない状態ができ上がります。

  4. 取付が完了するまでの時間は、小さなものなら15分~30分程度。大きなものでも2~3時間で完了します。ピン穴の中でピンが打ち付けられることが無くなれば、摩耗によるガタつき・騒音・ピン折れ等の問題は発生せず、可動部の補修によるメンテナンスコストが不要となります。

製品タイプ一覧へ

お客様採用事例

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。