Keep on PLAYING!!

世界中のロックンローラーにはエレキギターが発明されたその日から、ある共通の悩みがありました。アンプへの出力ケーブルを差し込むジャック部のナットが緩み、内部で線がねじ切れてしまうのです。ステージで突然、ギターから音が出なくなる。プレイヤーにもリスナーにも、まさに“Rock And Roll is Dead”というあの言葉通りの、最悪の瞬間です。しかし、エレキギターには付き物とされ諦められていたこの現象は、スウェーデンで生まれた特殊なワッシャーとの出会いにより、遂に終焉を迎えました。

国内最大の楽器小売店である島村楽器は、楽器の修理工房も持っています。世界トップレベルのアーティストにギターを作る職人でもあるルシアー駒木氏が率いる島村楽器のリペア工房には、修理のために毎日いくつもの楽器が持ち込まれますが、中でも群を抜いて多いのが、このジャックの断線です。何か良い方法がないものか、常々考えていた駒木氏は、ある展示会で偶然ノルトロックに出会います。以降、修理でノルトロックワッシャーを取り付けたギターが再び断線を起こして工房に持ち込まれることはなくなりました。世界共通の長年の悩みが、遂に解決されたのです。駒木氏は熱を込めて、こう語ってくれました。

「島村楽器は楽器の販売以上に、楽器を演奏する人を増やしたいんです。楽器には愛着が湧くもの。それを修理することで長年愛用してもらい、楽器離れを防ぎたいんです。だからハイエンドの高価なギターより、初めて買う安価なエントリーモデルに、修理対応ではなく生産時からノルトロックを導入したい。思い出のある最初の一本がいつまでも弾ける。こんなに素晴らしいことはないでしょう?」

 

本取材からしばらく経った後、ノルトロックジャパンには駒木氏より実際にエントリーモデルのギターへの採用が決定したという知らせが届きました。愛着のあるギターがいつまでも奏でられ、音楽を愛する人を増やす。島村楽器とルシアー駒木氏のハートのこもった取り組みに、ノルトロックも少し貢献しています。

 

 

島村楽器では、単に楽器の販売だけでなく全国にリペアを行う店舗を設置。専用のリペア工房も都内に設置し、長く楽器の演奏を愛好するユーザーが増えることを願っている。

──────────────────────────────────────────────────

FACTS

顧客:島村楽器ギターリペア工房
年間修理受付数:6,060本(2015年実績/東京工房のみ)
課題:エレキギターのジャック内断線の修理
採用製品:ノルトロックワッシャー
使用箇所:ケーブルジャックナットの固定

Customer success stories

無料カスタマーマガジン「BOLTED」の購読

ボルト締結の技術記事や国内外の採用事例が楽しめる無料カスタマーマガジン「BOLTED」会員へのご登録はこちらから。

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

登録完了。BOLTEDマガジンへの読者登録、誠にありがとうございました。

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。