ノルトロックワッシャー

世界初、そして最も進化した
ウェッジロックワッシャー

1982年に世界で初めてノルトロック社が開発したウェッジロッキング機構は、摩擦に依存せず軸力で緩み止めを行うという点で、他のあらゆる緩み止め製品とは一線を画す革新的な技術です。恒常的に激しい振動に晒される環境で、高温の環境で、あるいは衝突等で非常に強い負荷がかかる環境で、国や地域を問わず世界中で比類なき信頼を得ています。

ボルト締結にとって永遠の課題である「緩み」は、時に締結体自体やその周囲に設置された設備機器全体の破損や故障、最悪のケースでは人命に関わる事故に繋がります。ノルトロックワッシャーは、そのようなボルト締結の「緩み」に対して決定的な解決策となります。また、締結時の締め付けトルクと同等以下のトルクで取り外すことも可能で、永久的ではないものの、機能を落とさず再利用することも可能です。

ノルトロックワッシャーを採用いただくということは、「緩み」に起因する事故リスクを大きく軽減できるだけでなく、優れたメンテナンス効率を得ることにも繋がります。また、ノルトロック社の最大の強みは各セールスエンジニアがボルト締結のエキスパートであるという点です。ノルトロック製品を採用いただくということは、同時に弊社のボルト締結のエキスパートが貴社の強力なパートナーとなることも意味するのです。精密機器用の小さなものから、M30を超える太径ボルト締結、引いてはM100以上の超大型の締結体に至るまで、専門的な知見をもった技術者が、貴社のボルト締結の安全性確保のために尽力いたします。

ノルトロックワッシャーには、振動等が戻り回転を起こさせる回転緩みを防止する「ノルトロックオリジナルワッシャー」の他に、ガスケットやパッキンのへたり、相手材の塑性変形等に起因する回転を伴わない非回転緩みにも同時に対応する「Xシリーズワッシャー」、トラック等の大型乗用車のタイヤを支える組み込み型製品である「ホイールナット」、作業現場での締結ミスを撲滅するため予めボルトにノルトロックワッシャーを組み込んだ「コンビボルト」等も取り揃えています。

  • カムの角度"α"はネジのピッチ角"β"よりも大きいため、2枚のワッシャーはネジ山のピッチ以上にボルトを引っ張る力を生み出し、その張力(軸力)がボルトを更に強く締め付けます。

軸力による強力無比で取り外し可能な緩み止め

ノルトロックのウェッジロッキング技術では、摩擦ではなく軸力がボルト締結の緩みを物理的に防止します。ノルトロックワッシャーは2枚1組となっており、相手材側にグリップする外側は放射状のリブ面、2枚のワッシャー同士が接触する内側はカム状になっており、それぞれのカムの角度(図中の∠α)はねじ山の角度(∠β)よりも大きくなっているため、ボルトは緩むことができません。

ノルトロックのウェッジロッキング機能の詳細は、次の「ノルトロックのウェッジロッキングの機能」タブで動画を交えて詳細にご確認いただけます。

  • ボルト・ナットが締め付けられると、リブが相手材に食い込み、グリップします。ノルトロックワッシャーが固定されると、カム面同士の間でしか動くことができなくなり、ボルト・ナットが戻り方向に回転しようとしても、カム面のウェッジロッキングの効果によって緩むことができなくなります。
  • ボルトをレンチで緩める時には、ワッシャーがネジ山のピッチ以上に広がることで、ボルトが緩められます。ノルトロックワッシャーはどのような振動や変動荷重にさらされるボルトジョイントでも確実に固定することができます。

軸力が生み出すセルフロッキング機構

ノルトロックワッシャーのカムによってボルトが引き伸ばされる量はボルトのねじ山が持つ角度よりも大きくなっています。そのため戻り回転を起こすと2枚のワッシャーの厚みが増し、ボルトヘッドが持ち上げられます。ボルトはこの働きによって持ち上げられ(引っ張られ)ることによって、更に強力に締結体を締め付ることになります。

また、相手材に接触する外側の面はリブ状になっています。2枚のワッシャーそれぞれのリブ面がボルトヘッドと相手材にグリップすることで、戻り回転が発生した際にはカム面のみが動くことができる状態となり、カム面の角度により強力な軸力が発生し、ボルトは緩むことができません。

■ノルトロックのウェッジロッキング機構(音声なし)

ノルトロック・ウェッジロッキング機構の利点

  • ウェッジロッキングの軸力により、回転緩みを起こさせない
  • 手早く簡単に、一般的な工具だけで取り付け、取り外しが可能
  • 潤滑剤を使用しても緩み止め機能は変わらない
  • 緩みが発生しないため緻密な軸力管理が可能
  • ボルト・ナットと変わらない温度特性
  • 無限ではないが再利用可能
  • ボルト・ナットにも負荷をかけないため、ボルト・ナットの再利用性も確保
  • 表面硬度を上げることで、大きな負荷にも耐えられる設計
  • 外径を大きくした幅広タイプのワッシャーを使えば、長穴や下穴が大きい場合、相手材が柔らかい場合、塗装面に締結する場合にも絶大な効果
  • 高い耐蝕性
  • 強度区分12.9 (ASTM A574)の高強度ボルトにも使用可能
  • ボルトの長さが短い箇所でもしっかりとした締結を実現
  • DIN65151に準拠したユンカー試験はボルトジョイントに対する最も厳しい振動試験と言われています。この試験では、締結部のボルト頭部・ナット直下に軸直角方向の振動を与え、試験中の締結力の変化を測定します。

ユンカー振動試験による実証

ノルトロックワッシャーは、独立研究機関IMA及びCETIMが実施したドイツ工業規格DIN65151の試験によって、その安全性が実証されました。また、ノルトロックでは世界中で毎年10,000回以上ものユンカー振動試験を実演しています。

下の動画では、ユンカー振動試験により他の緩み止め製品との比較検証を実施しています。


>大きなサイズの動画はこちら

 

ユンカー試験を見て頂ければ、ノルトロックワッシャーはいかにボルト締結を強力に保持するのかがお分かりいただけるかと思います。振動開始時に金属なじみによる分だけ軸力が微かに低下するものの、なじみが終わると締結力の低下は起こりません。

ウェッジロッキング機能は、解除時に軸力が上昇する事からも確認できます。2枚のワッシャー間のカム山を登ることでワッシャーが厚みを増して行き、ボルトヘッドが持ち上げられて軸力が上昇する仕組みです。

ノルトロックでは、パフォーマンスサービスの一環としてお客様の使用箇所に合わせた試験を実施することも可能です。ご興味をお持ちの方は、お問合せフォームより、株式会社ノルトロックジャパンへご連絡ください。

  • 試験装置について。 組立部が垂直方向に振動し、ボルト締結部には振動サイクル毎に2回の衝撃が与えられます。衝撃はボルト荷対して平行です。矢印は試験中の振動方向を示しています。試験後、締結部の回転角度を検査します。

NASM衝撃・振動試験による実証

米国航空規格NASM1312-7によるNAS式振動試験は、元々米軍で衝撃や振動に対するボルト締結部をテストするために開発された試験方法です。

ノルトロックワッシャーは、独立機関Det Norske Veritas(DNV)が実施したNASM1312-7の試験により、その安全性が証明されています。認証や型式承認の詳細については、証明書のページ(英語)をご確認下さい。

製品