エキスパート: スーパーボルトの締結

Q: なぜ最初に、スーパーボルトを対角線に締める必要があるのですか?

A: マルチジャックボルト・テンショナーのメインねじ部は、全体の締付手順の間、スタッドのメインねじ部と共に中心に位置していなければならないため、対角線に締める必要があるのです。

これは、ナット本体での不均一な荷重分布を防ぐためです。ジャックボルトを100%の推奨トルクで対角線に締めた後、円周方向に締付パターンを変えて、すべてのジャックボルトを全容量まで締めてください。
注意:緩めるときは、常に円周方向の順に緩めます。

無料カスタマーマガジン「BOLTED」の購読

ボルト締結の技術記事や国内外の採用事例が楽しめる無料カスタマーマガジン「BOLTED」会員へのご登録はこちらから。

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

登録完了。BOLTEDマガジンへの読者登録、誠にありがとうございました。

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。