Wedge-Locking Technology

1982年に世界で初めてノルトロック社が開発したウェッジロッキング機構は、摩擦に依存 せず軸力で緩み止めを行うという点で、他のあらゆる緩み止め製品とは一線を画す革新的な 技術です。恒常的に激しい振動に晒される環境で、高温の環境で、あるいは衝突等で非常に 強い負荷がかかる環境で、国や地域を問わず世界中で比類なき信頼を得ています。

Wedge-Locking Technology

ノルトロックワッシャーのウェッジロッキング機構 では、摩擦ではなく「軸力」を利用してボルト締結 の緩みを物理的に防止します。ノルトロックワッシ ャーは二枚一組となっており、外側のリブ面が締結 面にワッシャーを固定し、二枚のワッシャー同士が 接触する内側のカム面では、それぞれのカムの角度(図中の∠α)はネジ山の角度(∠β)よりも大き くなっているため、ボルトは緩むことができません。

このウェッジロッキング機構により、ノルトロック ワッシャーを搭載したボルト締結部は激しい振動や 強い衝撃を受けた場合でも、軸力の大小に関わらず 緩むことがありません。 

締め付け

ボルトまたはナットが締め付けられると、ワッシャー外側の細かいノコギリ状の歯が放射状についたリブ面が 締結面にしっかりと食い付き固定することで、動ける部分は内側のカム面のみとなります。しかしカムの角度(図中の∠α)はネジ山の角度(∠β)よりも大きくなっているため、枚のワッシャーはネジ山のピッチ以上に ボルトを引っ張る力を生み出し、その張力(軸力)がボルトを更に強く締め付けます。このカムによるウェッ ジ効果により、回転によるボルトの緩みを防止します。

取り外し

ボルトを緩める時には、ワッシャーがネジ山のピッチ以上に広がることで、ボルトが緩められます。一般的な 工具で簡単に、締め付けトルク以下のトルクで取り外せるように設計されています。

特長

  • 標準サイズ:M3~M130
  • 対応可能な材質:鉄、ステンレス、254 SMO®、INCONEL®/HASTELLOY®、C-276 INCONEL® 718
  • 広い外径を持つ幅広タイプのワッシャーも利用可能(SPワッシャー)
  • 締め付けトルクの大小に関わらず確実に回転緩みを防ぐ機構

Multifunctional Wedge-Locking

ボルト締結部に発生する緩みには、振動や変動荷重によ りボルトが戻り回転を起こす「回転緩み」と、なじみや 塑性変形により軸力が低下する「非回転緩み」の二種類 が存在します。ノルトロックXシリーズワッシャーは、その両方を同時に解決する画期的な製品です。

「ウェッジロッキング効果」が回転緩みを防ぐ一方で、Xシリーズワッシャー特有の「スプリング効果」が非回 転緩みによる軸力低下を補い適正な軸力を保ちます。一切の妥協も許されないような高い安全性が求められる 箇所へのご利用にも、確実なボルト締結が実現できます。

締結メカニズム

  1. ボルトの締め付けとともに皿バネ形状のワッシャーが潰されるかたちで平らになり、リブ面がしっかりと 締結面に食い付いて固定されます。
  2. カムの角度(図中の∠α)はネジ山の角度(∠β)よりも大きくなっているため、ウェッジロッキング効果に よりボルトは回転し緩むことができません。
  3. ボルトの締め付け完了後、ボルトが定着するとワッシャーが締結面に沈みこみます。
  4. 平らだったワッシャーは即座にバネの作用で皿バネ形状に戻ります。このスプリング効果がボルトのなじみ 等による軸力損失を補うかたちで打ち消すことで、適正な軸力を保ちます。

これらの「ウェッジロッキング効果」と「スプリング効果」の組み合わせにより、振動や変動荷重等による ボルトの回転緩みと、なじみや塑性変形等による軸力損失の両方を防ぐことができます。


特長

  • 標準サイズ:M6~M20
  • 対応可能な材質:鉄
  • 広い外径を持つ幅広タイプのワッシャーも利用可能(SPワッシャー)
  • 振動や変動荷重によって生じるボルトの回転緩みと、締結部のなじみや塑性変形による軸力損失の両方を 防止する構造

Customer success stories