Bespoke bolt tensioners secure deep-water pipelines

海中・海底での作業は困難なものですが、ボルタイトの油圧式ボルトテンショナーには、海中作業でも問題なく使用できる「サブシー・テンショナー」が標準品としてラインナップされており、ボルタイトの他製品同様に柔軟なカスタマイズにも対応しています。


ボルタイトの製品は、世界中のあらゆる産業・業界でそのシェアを伸ばしています。その良い例が、オフショア産業でのエンジニアリングサービスを提供するイギリスのサブシー・イノベーション社。25年に渡り、海底に構造物の建設を行う同社は先日、オーストラリアで数百万ポンド(数億円)規模の大規模案件の契約を締結しました。

本プロジェクトに当たり、ボルタイトでは分割構造になっている大型の配管押さえ(リペアクランプ)用にカスタムを行ったボルトテンショナーを設計・製造しました。この大型リペアクランプは、オーストラリア北海岸沖から北東海岸沖の海底を這うガス管の「EPRS」と呼ばれる緊急措置用のリペアクランプでした。本件でボルタイトはM120とM150の2サイズ分のテンショナーを設計・製造しています。このボルタイトのテンショナーはリペアクランプ本体の外周に複数ある大径のボルトを締結するために提供されており、油圧制御システムによって遠隔操作で締結を行うことができます。

本ボルトテンショナーは、サブシー・イノベーション社向けにスペシャル品として作られたものですが、ボルタイトは海底でも円滑に作業が行えるよう、過去の経験から得たノウハウをいくつも加味しています。ストロークを長く取った双方向稼動の構造をもつこのテンショナーには、締結後に逐一油圧を解放してリカバリを行わなくても、ボルトのテンショニングとリカバリをリモートで行える、海底作業には理想的な機能が備わっています。

サブシー・イノベーション社とボルタイトは、必要になった時すぐに想定通りにEPRSが稼働するよう、適正な軸力がボルトに与えられているのかの検証試験と製品スペックの協議を何度も繰り返し、全ての製品はボルタイトによる厳格な納期管理の下で納入されました。オーストラリア沖のEPRSは、ガス管が不測の事態によって緊急リペア作業を要する事態となった場合に、今この瞬間も備えています。

顧客: サブシー・イノベーション社(イギリス)
ロケーション: オーストラリア
アプリケーション: 洋上施設
ボルタイト製品: M120ボルトテンショナー×14セット、M150ボルトテンショナー×10セット
プロジェクト: EPRS用配管押さえ(リペアクランプ)の締結

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。