【採用事例】アメリカンブリッジ社×フルーア社(JV)(ブリッジ東面の支柱交換)

たった1本のタワーで狭い岩礁の上に新設される10車線の吊り橋。そこに1500年周期で起こるとされる巨大地震にも耐える構造が求められる。

2006年に、アメリカンブリッジ社とフルーア社がJV物件としてサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ東側橋梁の新設工事を受注しました。これは、カリフォルニア史上最大の公共工事プロジェクトとなりました。アメリカン・ブリッジ社西部地区部長のブライアン・A・ピーターセン氏は「ほとんどの吊り橋には2本以上のタワーがあるものですが、この橋にはタワーが1つしかない上に、自立式でなければなりません。また、メインケーブルがデッキに固定されるという構造工学上、極めて難しい設計になっています。」この橋梁では、合計114本のケーブルバンドでハンガーロープをメインケーブルに固定していますが、これらを安定させるためには、極めて精緻な軸力でボルト締結を行う必要があります。メインタワーの躯体と同時に橋の東端にある柱脚部のベアリングやシアキーを支える高強度ロッドには、ボルト締結時に大きな軸力をかけるため、高出力のテンショニング技術が求められていたのです。ボルタイト油圧テンショナーが使用された締結箇所は、延べ2000箇所以上に及びます。

「ボルタイトでロッドを伸ばし、ナットを締め付ける時、ロッドが共回りしてしまうことはありませんでした。まさにそれが設計上どうしても必要な重要事項だったのです。我々はボルタイトのおかげで、高強度ロッドとボルトを狭いスペースでも確実に締結することができました。一般的に油圧工具は非常に重いものですが、ボルタイトは作業員が簡単に持ち運びでき、精度も非常に高いもので、我々の必要条件をすべて満たしてくれたのはボルタイトだけだったのです。」

プロジェクト名: サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ
総工費: 64億ドル
アプリケーション: ブリッジ東面の支柱交換
採用ボルタイト製品: ケーブルバンドボルト用油圧テンショナー
請負会社: アメリカンブリッジ社×フルーア社(JV)

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。